ビタミンDと腎臓に関する文献 2016年

fukidashi_09
血液透析患者における感染症関連死亡とVDRA:経口vs.静注製剤の比較:Qコホート研究
Comparison of oral versus intravenous vitamin D receptor activator in reducing infection-related mortality in hemodialysis patients: the Q-Cohort Study.
Tanaka S, et al. Nephrol Dial Transplant 31: 1152-60, 2016
【ポイント】Qコホート研究3372人の血液透析患者におけるVDRA投与と感染症関連死亡(N=118)との関連を解析。VDRA使用群は非使用群より低リスクであった。経口薬と静注薬にわけると、経口VDRA群ではHR 0.78 (0.60-1.01), 静注VDRA群では HR 0.16 (0.10-0.25)で、静注VDRA群で有意に低リスクであった。

詳細はこちら

 

fukidashi_09
血液透析患者における血清リン濃度と脳卒中リスクの関連:Qコホート研究
Association between serum phosphate levels and stroke risk in patients undergoing hemodialysis: The Q-Cohort Study.
Yamada S, et al. Stroke 47: 2189-96, 2016
【ポイント】Qコホート研究3437人の解析。脳出血(N=75)は血清リン高値で高リスクであったのに対し、脳梗塞(N=139)は血清リン低値の高リスクであった。

詳細はこちら

 

ビタミンD受容体活性化薬と透析患者における心血管イベントの抑制―日本透析活性型ビタミンD(J-DAVID)試験の理論的根拠と研究デザイン
Vitamin D receptor activator and prevention of cardiovascular events in hemodialysis patients?rationale and design of the Japan Dialysis Active Vitamin D (J-DAVID) trial.
Shoji T, Inaba M, and Nishizawa Y, for J-DAVID Investigators. Renal Replacement Therapy 2:19,2016
【ポイント】透析患者のCVDイベント予防に経口アルファカルシドールが役立つかどうかを検証するランダム化比較試験のMethod paper。

詳細はこちら

 

大量ビタミンD投与は耐糖能異常症例のβ細胞機能、インスリン感受性、血糖ホメオスターシスに対して効果なし:ランダム化比較試験
No Effect of High-Dose Vitamin D Treatment on beta-Cell Function, Insulin Sensitivity, or Glucose Homeostasis in Subjects with Abnormal Glucose Tolerance: A Randomized Clinical Trial
Wagner H, et al. Diabetes Care 39: 345-352, 2016
【ポイント】対象は44人のprediabetesあるいは食事治療中の2型糖尿病患者で、週1回30,000単位のビタミンD3を8週間投与し、OGTT、HbA1c、グルコースクランプ法による各種パラメータをプラセボ群と比較した。

詳細はこちら

 

25(OH)D正常レベルはCKD小児の蛋白尿低値と腎不全への進行遅延と関連する
Normal 25-Hydroxyvitamin D Levels Are Associated with Less Proteinuria and Attenuate Renal Failure Progression in Children with CKD
Shroff R, et al. N Am Soc Nephrol 27: 314-22, 2016
【ポイント】CKD小児にACEiを用いて血圧介入したESCAPE試験のpost-hoc解析。対象は167人のCKD小児。ベースラインの血清25(OH)D濃度は蛋白尿の程度と逆相関した。25(OH)D濃度はDBP濃度とは関連しなかった。ACEi投与後Kothoレベルが上昇した。血清25(OH)D濃度は5年間の観察期間における腎生存率とも関連したが、ACEi治療を考慮すると関連は弱まった。

詳細はこちら